amoma-sebum-001.png

バリ島短期留学の流れ・料金

FLOW

バリ島短期留学 1日のスケジュール例

午前中3時間レッスン&2時間体験学習の場合 1日のスケジュール例

9:00〜9:50

10:00〜10:50

11:00〜11:50

ボキャブラリー 

スピーキング

サバイバルイングリッシュ

11:50〜13:00

13:00〜13:50

14:00〜14:50

ランチタイム

日本語学校体験

日本語学校体験

15:00〜

自由時間

午後3時間レッスン&3時間体験学習の場合 1日のスケジュール例

9:00〜9:50

10:00〜10:50

11:00〜11:50

日本語学校体験

日本語学校体験

日本語学校体験

11:50〜13:00

13:00〜13:50

14:00〜14:50

ランチタイム

ボキャブラリー

スピーキング

15:00〜15:50

16:00〜16:50

サバイバルイングリッシュ

自由時間

※上記のプランのみならず、お客様のご要望に合わせて1日のレッスン3時間から6時間のプランをお作りすることが可能です。

PLAN

バリ島短期留学 プラン・料金案内

バリ島留学価格

​3時間レッスン

3泊4日

2名1室の場合

58,000円〜

※留学期間は、お客様のご要望に合わせ3泊4日~4週間までプランを作ることが可能ですので、お気軽にお問合せ下さい。​尚、コロナが終息し留学が再開の目処が立ちましたら、詳しい料金をお知らせいたします。

その他の費用

※Wi-Fiは、出発前にご自身でご用意ください。

項目

料金

備考

入学金

10,000円

​初回のみ

教材費

1,000円

2週間ごと

空港送迎

8,000円

​空港からホテルまでの送迎

「フィリピン​入国及び帰国の際の必要事項」「入国後・帰国後の隔離」について

フィリピン入国の際の必要事項

​1.渡航開始日時14日以上前に、ワクチンを2回接種済みであること(接種済み証明書の提示)

2.渡航開始前48時間以内のPCR検査または、24時間以内の抗原検査で陰性結果を得ていること(陰性証明書の提示)

3.One Health Pass に登録し、登録後に表示されるQRコードをスマートフォン端末に保存(入国時に提示)

4.パスポートの残存有効期限が6ヶ月以上であること (6か月ない場合、入国できません)

5.海外旅行保険 コロナ治療含む35000ドル(USドル)以上の保険に加入していること

日本へ帰国の際の必要事項

​・出発日時の72時間前のPCR検査(指定の用紙をお申し込み時にお渡しします)

・搭乗予定時刻6時間前までにMySOSアプリのインストール・事前申請

・出発地で「質問票Web」のダウンロード及び入力。帰国時、検疫官に入力完了後に発行されたQRコードの提示

・誓約書の提出(お申し込み時にお渡しします)

隔離について

(フィリピン入国時)

・ワクチン2回接種済み接種照明、PCR検査または抗原検査の陰性証明の提示により入国後の隔離免除

(日本帰国時)

・出発日時の72時間前のPCR検査の医療機関等により発行された陰性証明の提示、ワクチン3回接種済み接種済み

 証明書の提示で自宅待機は免除

・2回接種のみの場合、3日後のPCR検査で陰性の場合は、陰性結果を報告後に自宅待機が解除、

 PCR検査を受けない場合は7日間の自宅待機​

※水際対策は、変更される場合があります。

 出発前にフィリピン領事館のホームページ、厚生労働省のホームページで必ず確認してください。